スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

台湾の建築探索

台湾はデザインと言うものにはあまり興味ない国だと感じましたが、ありましたよー 
ステキな建物達が。

ちょっと御紹介です。

ホテル W台北
IMG_4623_convert_20110622172600.jpg
屋上庭園です。

IMG_4685_convert_20110622173747.jpg
これシャワーなんです。かっこよいです。

IMG_4686_convert_20110622203915.jpg

IMG_4683_convert_20110622173544.jpg

IMG_4660_convert_20110622174014.jpg

IMG_4648_convert_20110622173410.jpg
トイレの入り口です。中に入ると・・・

IMG_4651_convert_20110622173651.jpg
こんな感じです。カッコイイ・・


IMG_4705_convert_20110622174633.jpg

IMG_4704_convert_20110622174728.jpg
これは樹脂舗装か?絨毯をコンクリートで表現してました。

IMG_4696_convert_20110622174104.jpg
プールの中のタイルもカワイイ

IMG_4694_convert_20110622174224_20110622191315.jpg
鳥かごの赤がパンチ効いてます。

IMG_4730_convert_20110622175713.jpg

IMG_4716_convert_20110622175500.jpg
ここ絶対サイコーです。大人数で宴会したら楽しいだろうなー・・・と妄想が膨らみます。

IMG_4738_convert_20110622175852.jpg
実はこの椅子が見たくてWにきたのです。
椅子なのにプライベート確保(笑)って感じで座り心地いいです。

IMG_4646_convert_20110622175958.jpg

インテリアも照明も家具もとてもステキでした。カッコ良い庭が造りたくなってきたぞ^^


ホテル パル デ シン

IMG_4759_convert_20110622195936.jpg
エントランスに馬がいました。

IMG_4773_convert_20110622200451.jpg
室内は昼でも、真っ暗。昼か夜かわかりません。

IMG_4765_convert_20110622194333.jpg
トイレです。対面に鏡を置いているから対面の鏡が何重にも写ってデザインになっていました。私も映ってます。

IMG_4769_convert_20110622194446.jpg

IMG_4780_convert_20110622194818.jpg

お茶しました。1杯$26(600円くらい)でななんと4杯分ありました。
しかもおいしいクッキー付!


台北市立図書館北投分館


IMG_4841_convert_20110622181335.jpg

行きたかった。北投図書館へ行ってきました。
普通に図書館なのですが、かなりエコでハイレベルな図書館です。

IMG_4822_convert_20110622180356.jpg
外観から自然と調和しています。

IMG_4826_convert_20110622203052.jpg

IMG_4843_convert_20110622181252_20110622204132.jpg
石と木の調和です。

エントランスです。
IMG_4840_convert_20110622181049.jpg

IMG_4845_convert_20110622181425.jpg

IMG_4871_convert_20110622181806.jpg
室内です。中も樹が感じられてステキです。照明はアルミでシンプルにデザインされていました。
柱がほとんどありません。

IMG_4869_convert_20110622203759.jpg
台湾初のグリーン建築で太陽光発電に緑で覆われた屋根に雨水の再利用。
省エネに貢献している建築物みたいです。

旅をすると仕事に意欲が沸きます。心の点滴みたいなものなんでしょうか。
楽しい旅でした。
スポンサーサイト
2011年06月22日 | Comments(0) | Trackback(0) | おすすめ

台湾旅行

格安旅行のお誘いを受け、
『是非いきます!』と即答で台湾へ行ってきました。
小籠包も夜市(屋台)も麺もめちゃくちゃ美味しくて、ビールは格安で、足つぼも気持ちいいし。。。
サイコーでした~^^

IMG_4601_convert_20110622165415.jpg

IMG_4752_convert_20110622172131.jpg

IMG_4486_convert_20110622185011.jpg


せっかくなので街中スナップをパチリ!

IMG_4526_convert_20110622164059_20110622182821.jpg

IMG_4812_convert_20110622171911.jpg

IMG_4807_convert_20110622172315.jpg

IMG_4793_convert_20110622171754.jpg

IMG_4791_convert_20110622171500.jpg

IMG_4745_convert_20110622171647.jpg

IMG_4619_convert_20110622170753_20110622182609.jpg

IMG_4616_convert_20110622171014.jpg

IMG_4615_convert_20110622171147.jpg

IMG_4612_convert_20110622170408.jpg

IMG_4610_convert_20110622170252.jpg

IMG_4546_convert_20110622164247.jpg

IMG_4520_convert_20110622164557.jpg

IMG_4542_convert_20110622185137.jpg
2011年06月22日 | Comments(0) | Trackback(0) |

大宰府の庭

梅雨ですね。
庭作りには対敵の雨ですが、植物や人間にとっては恵みの雨ということで感謝しております。

福岡市の郊外に位置する大宰府のKさん宅は築30年以上たった古いお庭でした。
お庭を扱うのが長年の夢だったと語るかわいらしいお母さん。

庭には大きな柿の木とお父さんが作った畑がありました。
大きな柿の木を庭のシンボルに既存の畑もそのままにステキにならないかな・・・。

IMG_4254_convert_20110610192142.jpg
検討の末、縦貼のフェンスを組み合わせて斜めにスライドさせて立ち上げることにしました。
斜めに取ることで柿の木も畑もそのままの状態を保てました。良かった^^

お手入れが苦手とおっしゃるお母さんのために植物ゾーンと手入れしなくていいゾーンを区分けしました。
洗出しと石を組み合わせてやわらかい色を使ったので印象もやさしくなりましたね。

IMG_4255_convert_20110610192400.jpg
柿の木は庭のシンボルになって心地よい木陰を作ってくれるようになりましたよ。

さて、次は裏庭です・・・

IMG_4367_convert_20110610192614.jpg

裏庭には存在感ありすぎの大きなヨド物置がデンとすえてあります。
これを上手に隠してなおかつ広いお外のリビングルームにならないかな・・・
検討の末、物置の向きを変えて道路からの目隠しに利用しました。

IMG_4376_convert_20110610192932_20110616142446.jpg
木フェンスを斜めに建てたので 家の中からヨド物置は見えなくなりました。
ベンチも同じセランガンバツ材で作り移動できるようにしました。
ウッドデッキは室内の床の高さで作り、円形にしたため樹木も植えられて広いスペースを確保できました。

御家族皆様でたくさん活用してくださいね。
ありがとうございました。



2011年06月16日 | Comments(0) | Trackback(0) |

四国旅行

四国へ行ってまいりました。
ランドスケープの旅です。


イサムノグチ庭園美術館

ずっと行きたかったイサムノグチ庭園美術館・・・
とにかく最高です。空間の作り方が宇宙を感じます。


IMG_3746_convert_20110601205945.jpg

IMG_3752_convert_20110601210123.jpg

IMG_3766_convert_20110601210532.jpg
この石垣はマルと呼んでいたらしくぐるりと円形になっています。
中は写真NGです。 作業場だった建物と蔵がありますが、石垣の高さと山の高さと彫刻がナイスなバランスで溶け込んでました。

IMG_3778_convert_20110601205740.jpg
これは近くの公園の駐車場です。こんなところも使い方が可愛いですね。

写真はNGなので五感や心で庭を感じることができました。
自然と石、植物がさりげなく、調和しています。本当に自然に寄り添って作られているので居心地がとってもいい。
こんな庭を造りたいと久しぶりに強く思いました。


四国村

ここもとてもお勧めの場所です。
四国の古い民家を集めて村を作っています。村の中には安藤忠雄さんの美術館もあります。
古民家も良いのですが石垣や、道や、水の流れがとても気持ちよいです。

この舞台すごくかっこよかったです。
CIMG3053_convert_20110601204211.jpg

CIMG3076_convert_20110601205257.jpg

IMG_3943_convert_20110601205431.jpg

CIMG3065_convert_20110601204851.jpg

IMG_3935_convert_20110601204650.jpg
↑上から見るとこんな感じで、↓下に行くとなるほど~滝になってる。
CIMG3125_convert_20110601205007.jpg

安藤忠雄さんの美術館の庭園です。
人がいなくてついついうとうと・・・水の音と木陰に癒されます。
IMG_3899_convert_20110601204502.jpg

直島

さてさて、もう一つのたびの目的直島へ行ってきました。

IMG_4113_convert_20110601211650.jpg

ホテル自体も美術館になっていていたるところでアートを感じることができます。
IMG_4110_convert_20110601211555.jpg

IMG_4096_convert_20110601211450.jpg
↑こんなアートな廊下の先に↓レストランがあります。
IMG_4117_convert_20110601212007.jpg
IMG_4068_convert_20110601211122.jpg
IMG_4051_convert_20110601210954.jpg

島にはたくさんの美術館があります。
ベネッセミュージアム・地中美術館・李禹煥美術館など

CIMG3335_convert_20110601212749.jpg
IMG_4131_convert_20110601212053.jpg
IMG_4134_convert_20110601212225.jpg

港もオシャレです。 椅子も可愛い。
IMG_4135_convert_20110601212843.jpg
IMG_4141_convert_20110601212935.jpg

四国はたくさんのお庭や建築物があります。
はじめての四国でしたが、とても質の高い旅行になりました。

うどんが2回しか食べれなかったのはちょっと心残りでしたが・・・
イサムノグチ庭園美術館へまたいきたいなぁ。。
2011年06月01日 | Comments(0) | Trackback(0) |
 | HOME | 

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。