スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

大宰府の庭

梅雨ですね。
庭作りには対敵の雨ですが、植物や人間にとっては恵みの雨ということで感謝しております。

福岡市の郊外に位置する大宰府のKさん宅は築30年以上たった古いお庭でした。
お庭を扱うのが長年の夢だったと語るかわいらしいお母さん。

庭には大きな柿の木とお父さんが作った畑がありました。
大きな柿の木を庭のシンボルに既存の畑もそのままにステキにならないかな・・・。

IMG_4254_convert_20110610192142.jpg
検討の末、縦貼のフェンスを組み合わせて斜めにスライドさせて立ち上げることにしました。
斜めに取ることで柿の木も畑もそのままの状態を保てました。良かった^^

お手入れが苦手とおっしゃるお母さんのために植物ゾーンと手入れしなくていいゾーンを区分けしました。
洗出しと石を組み合わせてやわらかい色を使ったので印象もやさしくなりましたね。

IMG_4255_convert_20110610192400.jpg
柿の木は庭のシンボルになって心地よい木陰を作ってくれるようになりましたよ。

さて、次は裏庭です・・・

IMG_4367_convert_20110610192614.jpg

裏庭には存在感ありすぎの大きなヨド物置がデンとすえてあります。
これを上手に隠してなおかつ広いお外のリビングルームにならないかな・・・
検討の末、物置の向きを変えて道路からの目隠しに利用しました。

IMG_4376_convert_20110610192932_20110616142446.jpg
木フェンスを斜めに建てたので 家の中からヨド物置は見えなくなりました。
ベンチも同じセランガンバツ材で作り移動できるようにしました。
ウッドデッキは室内の床の高さで作り、円形にしたため樹木も植えられて広いスペースを確保できました。

御家族皆様でたくさん活用してくださいね。
ありがとうございました。



スポンサーサイト
2011年06月16日 | Comments(0) | Trackback(0) |
コメント

管理者だけに表示する
«« 台湾旅行 | HOME | 四国旅行 »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。